· 

 その疲れ、副腎疲労かも。。。【星ヶ丘パーソナルジム ディアローグ】

いつも身体が重だるい。

朝の目覚めが良かったためしがない。

疲れが抜けない。

寝ても寝ても疲れてる。

 

心当たりがあるあなたは、もしかしたら副腎疲労かも。

 

副腎というのは、腎臓の上にちょこんと乗っている臓器。

ホルモンの分泌を行う臓器です。

 

副腎皮質と副腎髄質の2層からなる臓器で、

 

皮質では、コルチゾール、アルドステロン、DHEA

髄質では、ノルアドレナリン、アドレナリン、ドーパミン

 

などが分泌されます。

 

この中でも、今回注目したいのが、コルチゾールです。

 

コルチゾールは、ストレスホルモンとも呼ばれています。

 

ストレス社会といわれて久しい世の中。

 

人間関係や仕事、家庭問題での精神的ストレス

添加物や不摂生などの身体的ストレス

 

様々なストレスを感じた時にコルチゾールは分泌され、

そのストレスによる炎症を抑える火消し役となります。

 

ほどよいストレスは大切ですが、過剰なストレスがかかり続けると

コルチゾールなどのホルモンを分泌する副腎には負担がかかり、

機能が低下、副腎疲労の状態となってしまいます。

 

そうなると、いざホルモンが必要な時に、分泌されづらくなり、

疲労が蓄積しやすくなってしまうというわけです。

 

ストレスが過剰にかかること以外でも、副腎疲労を招く原因があります。

それが、カフェインです。

 

カフェインとは、ご存知の通り、コーヒーやお茶などに含まれる成分で

神経を覚醒させる作用があります。

 

朝に1杯のコーヒー習慣がある方は、カフェインを取り入れることで

身体にスイッチが入るので、ぼーっとしている朝にカフェインを

欲するわけなんですね。

 

1杯くらいの量でしたら許容範囲ですが、

摂る水分すべてがコーヒーみたいな方は

一度見直したほうが良いかと思います。

 

実は私自身も、無類のコーヒー好きでして、

以前までは毎日1リットル以上コーヒーを飲んでいました。

 

味も好きだったんですが、

スッキリ目覚めるあの感覚にハマっていたんだと思います。

 

それを1日1杯程度に抑えるようにしてからは、

身体のテンションが一定になるような感覚となり、

1日安定したメンタルで仕事やプライベートを楽しめるように

なってきたと感じています。

 

カフェインは、副腎から無理やりホルモンを分泌させてしまい、

それにより副腎疲労を招いてしまうのです。

 

あくまで嗜好品と捉えて、楽しみとして飲むようにしましょう。

 

どうでしょう。

 

かなり多くの人が、この副腎疲労という状態に陥っているといわれています。

 

自分もそうかも?と感じた方は、体調改善への一歩を踏み出してみましょう。

次回は、具体的な対処方法をお伝えします。