· 

▶︎クリック◀︎むくみの原因は、ふくらはぎと足の裏の筋肉にあり!?【星ヶ丘パーソナルジム ディアローグ】

むくみ。

 

女性の身体の悩みのなかでも上位にあがるものです。

 

むくみ自体は、

身体に必要以上の水分が

溜まってしまっている状態をいいますが、

 

もちろんなにかしらの原因が

あるから溜まってしまうわけです。

 

その原因を知れば、

しっかり対処することが出来ます。

 

いくつか原因はありますが、

今回はその中のひとつについて説明します。

 

むくみが溜まる部分は、細胞の外。

むくみがある人は、皮膚を押して凹みますよね。

 

あれは組織と組織(例えば脂肪や筋肉や腱など)の間にある

余計な水分が圧迫されて周りにその水分が移動しているから。

 

ということは、

 

なにかがその水分を押してくれれば、

水分は移動することができるということです。

 

水分を押してくれる存在。

 

それは筋肉です。

 

 

その中でも、ふくらはぎは特にむくみが出やすい場所です。

 

常に身体の一番下に位置するため重力の影響を受けやすい、

血液を送り出す心臓からの距離が物理的に遠いためなどの理由があります。

 

あと私自身が経験してきた中で、

ふくらはぎと足裏の筋肉の構造にも原因があると考えています。

 

ふくらはぎの筋肉は、

蜂の巣のような構造になっています。

 

ふくらはぎを輪切りにすると幾つもの筋肉が束のようになっているのがわかります。

 

幾つもの筋肉が密集することで、

お互いに動きが悪くなり、

筋肉自体の働きが鈍くなることが予想されます。

 

実際にふくらはぎは血流が悪くなりやすい場所でもあるので、

それも関係していると思います。

 

足裏も同じようなことが言えます。

案外足裏にはたくさんの筋肉があり

足裏だけで完結する筋肉もあれば

 

ふくらはぎから筋が繋がって、

足裏まで伸びているものもあります。

 

常に体重がかかり続けている場所だけに、

筋肉は押し潰されてしまって動きが悪くなってしまいます。

 

その2つの箇所の筋肉の動きを改善してあげることで、

むくみは軽減するケースを多々経験します。

 

しかも筋肉が本来の動きを取り戻すので、

むくみが戻りづらいし、歩きやすかったり

普段の動きのパフォーマンスにもいい影響があります。

 

他にもむくみを引き起こす原因はありますが

この問題を解決するだけでも脚のラインや軽さの変化に驚くはずですよ^ ^

 

体験セッションでは普段抱えているお悩み解決もできますので、

お気軽にお問い合わせください!