· 

【一社のパーソナルジム ディアローグ】つらーい肩こりはいつもしている〇〇が原因だった!

肩こりに悩まれている方は、読んで損はないと思います。

 

肩が凝るのはなぜですか?

はい、負担がかかっているからです。

 

そういうことです。

 

いわゆる「コリ」とは、

筋肉が緊張して固まっているような状態です。

 

その筋肉に負担をかける頻度が多ければ多いほど、

コリというものが起きやすいということです。

 

解消法としては、ストレッチやマッサージなどがメジャーです。

 

そして、

誰もがご存知の通り、その効果は一時的であることが多いです。

 

これは、単純にそれよりも負荷の方が大きいからです。

 

デスクワークなどの姿勢はそもそも肩こりにならない方が

おかしいといった姿勢なので、短いスパンで体を動かすことや

ストレッチをすることが必須です。

 

環境が肩こりを悪化させているパターンです。

 

 

これとは別に、普段から24時間体制で

肩こりを悪化させていることがあるのをご存知でしょうか。

 

それは、呼吸です。

 

呼吸とは、筋肉の働きによって生み出される活動で

あることをまず知っておいてください。

 

そして、誰もが同じ呼吸の筋肉を使っているわけではなく、

人によって使いやすい筋肉があります。

 

使う筋肉の割合によって、肩こりになりやすいかどうかが

決まってくるということです。

 

呼吸筋と呼ばれる筋肉は多数ありますが、

 

その中でも首の周りの筋肉をよく使っている人が

肩こりや頭痛、首の痛みといった悩みを抱えやすい印象があります。

 

一度鏡の前で試してください。

 

大きく息を吸った時に、首の周りの筋が浮き上がりますか?

 

浮き上がった人は、肩こりの可能性大!?

 

本来、首の周りの筋肉は呼吸筋の中でも、補助的役割をする

小さな筋肉です。

 

なのに、その筋肉をフル活動させてしまっていることで

首や肩がガチガチになり、コリへと発展するのです。

 

コリとなった筋肉をマッサージで緩めることで楽にはなりますが、

根本的にその筋肉を使う呼吸方法が定着してしまっているので、

またすぐに硬くなるのは想像できるかと思います。

 

つまり、

その呼吸自体を改善させていく必要があるというわけです。

 

方法だけお伝えすると、腹式呼吸をしましょう!

ということ。

 

猫背の歌手っていませんよね?

腹から声が出せている人は、姿勢もいいんです。

 

やり方にはちょっとしたコツがありますが、

腹式呼吸がしっかりとできると、肩こりにそもそもなりづらい

身体の状態が出来上がります。

 

様々な方法を試して効果が薄いと思われている方は

ぜひ騙されたと思って、呼吸、意識してみてください!

 

2019年もあとわずか!

新年スタートのパーソナル枠も募集中です!