· 

肩甲骨を目覚めさせる!

こんにちは!ディアローグの所です。

 

今回のテーマは、「肩甲骨」

 

肩こりや猫背の方は必見な回です!

 

 

まずこれを理解して下さいね。

 

「肩甲骨が上手に動くようになる=その周りの肩や背中の筋肉を上手に動かせている」

 

つまり、

 

肩甲骨の状態や位置は、

その周りの筋肉の状態によって変化するということです。

 

そして、

 

肩こりがひどい方は、

周りの筋肉の中でも、

特に首や肩のあたりの筋肉ばかりが偏って使われています。

 

その結果、カチカチになったり、

血流が悪くなって、痛みやコリという症状が出てくることになります。

 

 

肩甲骨の位置としては、上に上がりっぱなしの状態です。

肩がすくんでいるような位置になります。

 

そのままの肩甲骨の状態で運動をスタートしても、

肩こりがひどくなったりする可能性が高くなります。

 

 

その前段階として、肩甲骨を正しい位置にリセットしておく必要があるわけです。

それが、今回の動画のトレーニングになります。

 

 

 

ラットプルダウンというトレーニングマシンで行うと簡便でわかりやすいです。

もしくは、上からゴムバンドを吊るして、それをバンザイした状態で持ってもいいです。

 

 

肘を伸ばしきった状態でバーを持ち、肩を上下に動かします。

そうすることで肩甲骨の、挙上・下制という動きが行われます。

 

 

下制、つまり肩がすくんだ状態から下に下げる動きをするときに

背中の筋肉が使われます。

この背中の筋肉こそ、肩こりや猫背を改善させるために必須な筋肉になります。

 

 

 

この運動ができないまま運動を行なっていくと、

肩甲骨周りが逆にガチガチになってしまい、

怒り肩のような姿勢になってしまう可能性もあるのです。

 

 

基本がしっかりできていれば、そのあとのトレーニングは飛躍的に

伸びていきます。ぜひお試しくださいね。