· 

原因をしっかりと追求する大切さ

 

あぐらがかけない。というお悩み。

確かにあぐらの姿勢をとってもらうと、右の股関節が開かない。

どうすればいいかわからず、お手上げ状態だったといいます。

 

開かないんだったら、力づくで開けばいいんじゃ?

実際そんな簡単にはいけばこんなに悩まないし、

なぜそうなっているかの、なぜ?を全く無視しています。

 

いろいろ調べていくと、右の股関節を外旋(ガニ股)にさせる筋肉の筋力の低下が

著しくみられました。

そして、そのかわりに、内旋(内股)にさせる筋肉が動きの主役となっていました。

 

いつからそうなったのか、まではわかりませんが、

そういう動きの癖が長年かけて形成されてしまっていました。

そうすると骨格までそのように変化してきてしまうものです。

 

骨盤の歪み、ガニ股にさせる筋肉の簡単な運動を行いました。

 

 

左とほぼ同じくらいまで開いているのがわかります。

原因はこれじゃないかな?と想定して、アプローチをした結果、

 

ご本人も『私にとっては奇跡的』

 

と言っていただけるほどの状態にまで変化しました。

 

 

なにも特別な技を使ったわけでもなく、

体の構造を理解した上で、適切なアプローチをした、それだけです。

 

 

この、適切なアプローチをするためには、原因を追求できるかどうか、

そこにかかっています。

 

ただなんとなくトレーニングをしたり、これっぽいかなとやってみたり、

そんなことをしていてはいつまでたっても体は変わりません。

 

ディアローグでは、原因を追求して最善のアプローチをすることを徹底しています。

そうでなければ、プロフェッショナルとしての存在意義はないと思っています。

 

 

現在、7月スタートの会員様を募集しております。

期間は6月末までです!お早めに!!

限定1名様!!!  通常コース料金から30%offにてご案内いたします。

モニター様も1名様限定で!約半額でご案内しております。

 

《申し込み、お問い合わせ》

studiodialogue2018@gmail.com

090-5007-8003

 

詳しくはHPホームをご覧ください。

お問い合わせフォームからでも問い合わせいただけます。