食事に対しての考え方

身体を変化させるためには、

運動、栄養、休養が必須です。

 

バランスよくってやつですね。

 

 

その中でも、私自身変えるのが一番難しいと思うのは、

 

 

 

ダントツで、食事です。

 

 

なぜか?

 

 

根本的に、身体を変えたい!と思うときは、

なにか現状に不満があるときですよね。

 

運動、休養、栄養

このどれかがうまく回っていないことで

色々な身体の問題が表出してきます。

 

 

 

 

運動・・・

日頃やっていない人がほとんどなので、

正しい運動ができれば身体がみるみる変化していきます。

だから楽しい、楽しいから続けられる。

 

白紙状態のキャンパスがいろんな色で満たされていく感じ。

 

身体も動かしやすくなっていくから、身体が充実してくる。

そこに達するまでも割と早い。

 

 

休養・・・

ちょっとスマホやテレビ時間とか削る努力をすれば、

睡眠時間を確保するなんて簡単。

 

 

食事・・・

食生活、食文化という言葉があるとおり、

食に対する価値観は、人の数だけ存在すると言っても過言じゃない。

 

要するに、すでに自分らしさ100%の世界が完成されています。

 

これをどこから変化させていくか。

うーん!

 

 

スタートしたばかりのクライアントさんからは、

よく、「これは食べていいですか?」「これはどうなんですか?」

という疑問が出てきます。

 

はじめは、全く問題ないんですが、これが延々と続いてしまう場合は、

 

1+2=の答えはなんですか?
3+2=の答えはなんですか?

 

と聞いているのと同じということです。

「+」の意味を理解しないまま、答えばかりを求めてしまう。

 

 

これは根本的な考え方から目を逸らしている証拠です。

 

 

とはいっても、現実的に食事に関しては様々な要素が絡んでくることなので

わかりづらいことがたくさんあります。

 

その、わかりづらいことを、客観的に分析して、

「〇〇さんはこれを変えてみましょうか」

というご提案を常にさせていただきます。

 

そうすると、

 

「うん、これしっくりくる。」

 

という自分に合った考え方が見つかるんです。

 

 

短期的に減量や食事を変化させるのは誰でもできます。

 

 

問題は、そこから!!

 

その食事をしっかり自分のものにできるかどうか。

はじめからわかっていれば誰も苦労はしません。

 

これだけウエイトコントロールに悩む人がたくさんいる理由。

 

一生使える自分の考えを手に入れなきゃ意味ないです。

また繰り返します。

 

生む苦しみは必ずあります。

それを乗り換えた時に、血肉となる知識、知恵が身につくと信じています。

 

しっかりサポートさせていただきます。

 

 

6月もあと2名様、特典付きでパーソナルを受付中です。